MATERIAL

素材へのこだわり

 

「素材の持ち味をころさずに」

でも素材を表現するのは難しい。

ただ表面的に表現するのだったら

考える必要がない。

おいしい素材を用意すればいい。

みんなの好きなフォアグラ、

和牛にどうしたってかなわない。

だから、素材を考える時

「これの本当の価値はなんだろう」と

思う感じを持って考えます。

 

「この素材は何を語っているのだろう、

今は匂か、昔の人や他の国の人達は

どうしているのか?」という疑問を

出発点にして素材を考えています。